2007年07月08日

ナゾを解く本

お菓子作りをやっていて、なぜそういうことをするのか・・・なぜそういうことをしてはいけないのかなど、疑問に思うことって沢山ある。失敗の原因が解からないことも沢山ある。それを解決してくれるお菓子本が、長年の「食の友」=Mから送られてきた。これからはこの本でちょっとレベルアップしたお菓子が作れるかも?!M、ありがと〜。



0708相原本.JPG
Mが習っている相原一吉氏の本



0708カトルカール.JPG
同じケーキでも作り方によって、食感や風味、膨らみ方が変わるという例などが詳しく載っている



余談だけれど、折角送ってもらったこの本。昨日の午後に届いて机の上に出しておいたんだけど、夕方帰ってきたら、我が家の湿気でみごとに波打ってしまっていた・・・恐るべし屋久島の(というか我が家の?!)湿気!



0708湿気本.JPG
あっという間にヘナヘナになります・・・
posted by フジヨピ at 14:34| 鹿児島 ☔| Comment(3) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喜んでもらえて嬉しいよ!
相原先生のレシピはホントに美味しいから、ぜひとも挑戦してみておくれ!
Posted by ミエ at 2007年07月08日 18:51
興味深い本ですな^^
それにしても、すごい湿気だねっ!
Posted by y子 at 2007年07月08日 22:57
<ミエへ>
台風で時間あるし・・・挑戦してみよう☆でも焼いてる時に停電とかなったらブルーだな〜。

<Y子さま>
今度見せるよ〜。しっかりしたレシピで作るとどれだけ違うのか、食べてみたいね。
Posted by フジヨピ at 2007年07月14日 07:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。