2007年05月12日

衣替えの季節

「衣替え」といってもそれはアタシたち人間だけのものではないようです。

一昨日の夜中、お手洗いに行った時のこと。。。我が家のお手洗いは土間から外へ出るのですが、いつもクセで、「土間」と「お手洗い」を繋ぐ小さな渡り廊下から、斜め後方あたりを見てしまうのです。

少々寝ぼけながらも、雨どいの辺りに、昼間にはなかった「何か」が、ひらひらと揺らめいているのが見えました。なんとなく察しはついていたのですが、確認するために懐中電灯で照らしてみると・・・やはり彼の脱ぎ捨てた「古い服」でした。

朝になりもう一度見てみると、その服はやはり、そよそよと風に吹かれていました。その服の持ち主の正体・・・もうわかりましたか?それは我が家の同居人(?)の「大蛇さま」。

「蛇」というととかく敬遠され勝ちですが、我が家の屋根裏に住み着いている大蛇さまは毒もないようですし、分別があるので大丈夫。もうちょっと働いてくれると非常に助かるのですが、まぁいいでしょう。



0511大蛇様も衣替え.JPG
古い服がひらひらと・・・



0511透け感が美しい.JPG
単純に「美しいな〜」と思ってしまう。



自然界のものはなんともいえなく美しい。どんなセンスのあるデザイナーも勝てないような、機能的で洗練された形・色の組み合わせが、自然の中には沢山転がっています。実際そういった自然の中にあるもの・・・花や葉っぱや昆虫などの形・素材などをヒントに、沢山の商品が開発されていると聞きます。

そんな視点で植物や動物を見てみると、今までとは違ったものに見えてくるかも知れません。さてさて、アナタならこれをヒントにどんなものを作りますか?



posted by フジヨピ at 14:01| 鹿児島 | Comment(2) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

こんなところに!

畑の水遣りに使っている、タロちゃんから借りている青い如雨露。3〜4日前の朝、いつものように如雨露に水を張ろうとしたときに、如雨露の異変に気づいた。如雨露の中になにやら黒いものが沢山。。。始めはゴミかと思ったんだけど、よ〜く見るとなんとカエルの卵だった。

ゼリー状のボールの中に1mmにも満たない黒い点。乾かしちゃいけないと思い、急いでハスの鉢の上で如雨露を逆さにしてみた。いくつかはでてきたものの、底にゼリーがしっかりと張り付いていて、なかなかはがれない。まあいいかとそこに水を張って放置。そして今朝又その中を覗くと、ただの黒い点だったものが長細く伸びていた。



0509如雨露の中.JPG



手の上に乗せてよ〜く見てみると、ちゃ〜んと「おたまじゃくし」の形。そして時々その小さなカラダを左右に振る。その動きがちょっと愛らしい。



0508ミニおたま.JPG
あと数日後には我が家のハスの鉢の中におたまたちが泳ぎ回ることでしょう☆



posted by フジヨピ at 23:27| 鹿児島 | Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

カエルも避難?

5日の夜はホントに「これでもかっ!」って位降った。夜から朝方にかけて土砂降り。こんなに降ったのは久々だったんじゃないかな。裏に沢があるんだけど、それより低い我が家は浸水こそしないものの、雨が降ると沢水がジワジワと流れ込み、水が土間のコンクリートの色を変える。そして時々カエルやらサワガニもやってくる。

そんな一昨日の夜、ふと玄関の擦りガラスをみるとカワイイカエルが引っ付いていた。雨が好きなはずのカエルもこの雨には閉口しているのか、時間を追うごとに扉の隙間に寄っていく様子だった。それだけ凄まじい降り方の雨だったんだと思う。う〜ん、恐るべし屋久島の雨。



0505モリアオガエル?.JPG
ガラスに引っ付けるってことは「モリアオガエル」の仲間?
吸盤がカワイイ。ちょっとピンぼけ。
カエルもこのサイズまでは純粋にカワイイと言えるな〜。
posted by フジヨピ at 11:14| 鹿児島 🌁| Comment(2) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

天敵出現!

昨日の朝、ウチの前でヨーガをしていたら、なぁ〜んとなくいつもとは違う「いきものの気配」を感じた。ヨーガが終わってから道に出てみると、いたいた!お向かいの家の入り口に牡鹿が!

そ〜っと家に帰り、カメラを持って戻ると、お向かいの家の畑で何かをついばんでいた。撮影しながらジワジワと攻めていくと、暫くは警戒しながらも草を食べてたけど、やがて林へ戻っていった。



0411鹿出現.JPG
カメラ目線?!


里で鹿や猿をみるとついつい「わぁ〜」となってしまうけど、畑をやっている人達にとっては「天敵」なんだよね。彼らも好きで出てきてる訳じゃないのかも知れないけど、やっぱり丹精こめて育てた野菜たちが被害に遭うのは避けたいよね。

そんな訳でウチの相棒、昨日から「鹿避けネット」を張るべく、畑に杭打ちを始めた。なんだか本格的になってきたぞ!頑張れ相棒(笑)! 
posted by フジヨピ at 20:26| 鹿児島 ☀| Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

いっちょまい!

昨日の朝、相棒とヨーガをしていた時の事。「ダウンドッグ」の姿勢(ヨーガの太陽礼拝の中のひとつのポーズ)の時、ふと地面を見たら、「美しい黄緑色をしたバッタの赤ちゃん」が歩いているのが目に入った。

ホントは「ヨーガに集中」したいんだけど、踏んだらかわいそうだし・・・彼の動向に気を配りながら、いささか「集中」に欠けた「ヨーガ」になった(笑)。だってメッチャかわいかったんだもん!



0330バッタA.JPG
爪の先にも満たない大きさ。



こんなに小さいバッタは初めて見た。生まれたてだったのかな。それでもちゃ〜んと大人と同じカッコをしてて、「いっちょまえ」にヒゲはピ〜ンと長く、たまに飛んだりもするんだよね(当たり前か?!)。暫しこの「落ち着きのないヤツ」と格闘(撮影)。楽しませてもらいました。知らないうちにどっかに行っちゃったケド、ちゃ〜んと大きくなりますように・・・
posted by フジヨピ at 06:28| 鹿児島 | Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

春を告げる鳴き声

昨日の朝、相棒と土間に居たときだったか・・・「ホ〜ホケキョ」という鳴き声が聞こえた。一瞬耳を疑う。だってまだ2月。動きを止めて静かにして、外の音に集中する。「ホ〜ホケキョ」・・・確かに鶯だ。思わず相棒と顔を見合わせて笑ってしまった。

去年こっちに引っ越してきた時には、「ホ〜ホケキョ」のボリュームの高さとその「技術の高さ」に驚いた。都会の鶯とはレベルが違うね!なんて思ったのを覚えている。あの時と比べると、シーズン始めでまだ「本調子」でないのか、声も細く、ヘタッピだ。

それにしても屋久島は毎年この時期から鶯が鳴くのか、それともこれも「温暖化」の影響なのか・・・なにはともあれ「ホ〜ホケキョ」は春を彷彿とさせ、前向きにさせてくれる。あ〜もう冬が終わるんだ!ってね。

そうそう、昨日実家(東京の郊外)の母と電話でしゃべった時「こっちはもう鶯が鳴いてるよ!」と言ったら「あら、こっちだってもう鳴いてるわよ。ウチは今8種類くらいの野鳥がくるわよ。」と言われてしまった。。。あれ〜?東京では普通、こんな時期に鶯、鳴かないよねぇ?それとも今まで気づかなかっただけなのか・・・?

まぁまぁ、日一日と「春」に近づいてるのが感じられるのは嬉しい。でも「暖冬」+「屋久島の冬」ってことで、例年の冬の寒さを体験しなかったから、「春への待ち遠しさ」のキモチが薄い気がする。う〜ん、やっぱりある程度「寒い冬」があって「春の有難さ」を感じるのかもな〜。ホント「四季感覚」が薄れているのを実感。季節に「メリハリ」がなくなってきてるんだよね。マズイよ。。。この暖かさを手放しでは喜べない今日この頃。寒い時は「いやだな〜」って思うケド、ここまで暖かいと「キモチ悪いな〜」と思ってしまう。人間、我が儘だよね。
posted by フジヨピ at 08:42| 鹿児島 ☁| Comment(2) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

今って「冬」だよね?!

最近夜になると「なにか」が鳴いていることには気づいていた。その正体が昨日やっと分かった。それは「カエル」。

確かに声は「カエル」っぽいって思ってたような気がするけど、こんな季節に「カエル」なんて思わないよね。だからあの「声」と「姿」が繋がらなかった。

昨日友だちが教えてくれたんだけど、屋久島には「冬眠しないカエル」がいるんだって。でもそれはこの辺りにはいないとか・・・山からそいつが降りてきたのか、それともこの暖冬で、普通のカエルがメッチャ早く出てきてしまったのか・・・

そして今朝、「魔の側溝」(笑)で上下に重なり合った「カエル」を目撃してしまったアタシ。カエルに詳しいわけじゃないから分からないけど、普通の「ヒキガエル?」だったような・・・。う〜ん、まだ「冬まっただ中」だよねぇ。これも「異常気象」の表れなのか。。。
posted by フジヨピ at 12:59| 鹿児島 ☀| Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

氣志團現る!!!

丸焼きの日Sやんのところに行った際に、お向かいの空き地にいた「ソイツ」。ソイツを見つけた相棒とU氏が「氣志團がいるよ〜!」と。。。行ってみるといたいた!あの「髪型」は紛れもなく「氣志團」だ!!!


メンチを切った氣志團_small.jpg
前髪が氣志團だ〜。
もしかして「ガン」飛ばしてんのぉ?!
目が横についてるからか、イマイチ迫力に欠ける。




氣志團?_small.jpg
それにしても立派な前髪!立派な角!



以前登場した「ブッサイクなブタ」と言い、この「氣志團」と言い、なかなか個性的な風貌の持ち主が多いみたい。そういうシリーズのポストカードとか作ったら売れるかなぁ。。。「屋久島・個性派な動物たち」。だってキレイな写真はもう食傷気味でしょう?!お申込は「コチラ」まで。。。ウソウソ。


posted by フジヨピ at 13:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

やはり・・・

今日は相棒の帰りが遅い。ゴハンの支度をしてお風呂にも入って、相棒を待つ間に明日の「島人ヨーガ」の準備を、今もしている。ラジオをつけると集中できないタチだから、「シーン」とした中で書き物をしていたら、なにやら天井裏から「物音」が・・・瞬発系ではなく、何かがゆ〜っくりと移動する音。今もアタシの頭上左手あたりに「なにか」がいらっしゃる。う〜ん、これは多分あのお方。やはり我が家に帰って来られていたんですね。

そうそう、この間「木市」で買った「キンカン」を軒下に置いておいたんだけど、ある日ふと見たら葉っぱが白い!なんで?!っと、よ〜くみると「なにか」の「う○ち」のようだ。色はグレーでところどころ巻いている。そしてなんだか「毛」が混じってるし・・・。とりあえず「キンカン」についた白いものは水で丁寧に流し、周りのコンクリートに残った分は相棒に報告するために取っておいた。

そして一週間程前、友人のSやんがウチに来た時にそれを見せると、あっさり「蛇やね。毛〜が混じっとるやろ。青大将が戻ってきたんやね。」と。やはりそうでしたか、「青大将さま」でしたか。そういえば以前も同じ場所に「う○ち」をしてらっしゃいましたね。あそこが定位置なんですね。気をつけます。とにかくお帰りなさい。

「し〜ん」とした中で「青大将さま」が動くのは何だかドキドキする。だって天井薄いし・・・。ブログ書いてたら、上から「ドリフ」みたいに「青大将さま」が降ってくる、なんてこともないとは言えないからね。それだけが心配。いくら「蛇が大丈夫」って言ってもいきなりは勘弁だ。

でも、我が家としては歓迎します。だって「ネズミ」を食べてくれるみたいだし。。。そう、屋久島の家には多分カナリの確率で「ネズミ」がいるみたい。ウチも(うわ〜今あっちの方の天井がミシっといったゼ!大丈夫か、天井?!)一時期天井を駆け回ってる音がしたもん!それが今はない。ということは・・・ですね。ホント、感謝です。これからもどうぞ静かに住み続けて下さい。

posted by フジヨピ at 20:19| 鹿児島 ☔| Comment(4) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ヤツは案外賢く、そしてタフだった

新しくやってきた鳥は「相棒の寝言(うわごと?)」により「パッチ」と名付けられた。前日に比べて更に元気になった「パッチ」。「お釜のオウチ」を飛び出して、玄関を歩き出したので、隙間から床下に行かれないように、相棒が簡単に通路を塞いだ。

この日は来島していたOさんが「白谷雲水峡」に行くために車を貸すことや雨だったこともあって、朝は相棒と一緒に車で出かけ、相棒を仕事場に落としてからアタシは民宿にOさんを迎えに行った。その後アタシを落として貰うためにウチに帰ってみると「パッチ」がいない!!!Oさんと2人、すだれで塞いだ床下を覗いたけど見つからず・・・とりあえずOさんには出かけて貰った。

とにかくどこかの隙間から床下に潜り込んでしまったんだろうと思いつつ、ゴハンを食べ出したら「ピーピー」という鳴き声がどこからか聞こえた様な・・・食べる手を止めて、もう一度土間側の床下を覗いてみると・・・いたいた!木くずにまみれて床下に座ってるじゃぁないですか!!!



汚いパッチ_small.jpg
こんなに汚くなって・・・そこが又可愛かったりして(笑)。



ちょっと手の届かないところに居たから、「蠅叩き」で手前にたぐり寄せて無事2度目の救出。ふぅ。お釜のオウチに戻した。いやぁ〜、それからが大変だった。元気になりすぎた「パッチ」はお釜のオウチを出て、玄関でバタバタ飛び始めた。玄関下からウチの住居までは大体50p位。そこを上がろうと試みる「パッチ」。5回・10回・・・頑張るけどなかなか上がれない。その姿が健気でメッチャ可愛かった(撮影を試みたケド失敗!)。どうせ上がれないだろうな、と高をくくってゴハンを再開したアタシ。っと、20回目位のトライで成功!そしてウチに上がってきて、コーナーに向かって猛ダ〜ッシュ!結構早いぞ!それでも何とか3度目の捕獲に成功した。この頃にはもう、昨日の様な「目の鋭さ」はなく、優しい目に変わっていた。ホントに昨日は精神的に疲れてたのね。

そして又お釜に戻し、今度は上の端端に木を置いた。これで大丈夫でしょう!と思ってゴハンを食べ出した。っと、何か妙に静かだなぁ・・・と思ったら、こっそり姿をくらましたパッチ。一体どこからでたのか?!そして又床下を覗くと、今度は道路側の、網がかけてある通気口の近くに座っている。中からはとても届かない。。。仕方がないので雨の中外に回って網を外して救出。ほっ。

っと思ったのも束の間。ちょっとの隙を狙って道路の反対側にダッシュしたパッチ。そしてパッチの計画では側溝を飛び越え、お向かいの家の方に逃げ込む予定だったんだろうけど、足を滑らせ激流の側溝に落下。これまでか!!!っとあわてて側溝をみると、賢明に水かきをバタバタとさせ、流されまいと頑張る「パッチ」がいた。掻いては流され、流されては掻いて・・・中々アタシがキャッチしようとスタンバってる位置まで流れて来ない。(中々いい根性してるゼ!)仕方がないので少し上に出向いて何とか4度目の捕獲を終えた頃にはアタシはびしょ濡れになった。雨がおさまったら安房川に放してあげるから、今は我慢しなさい!!!

コイツは手強い!このまま好き勝手しておいたらアタシも何にも出来ないから、とりあえず深めのバケツに少なめの水を張って、少々大人しくして頂くことにした。この頃にはパンは冷えてパサパサになってしまった。お〜いパッチ、アタシの朝食を返せ〜(笑)。

そして家事が一段落した頃、Iちゃんがウチに来た。「パッチ」を見せると「たぶんカイツブリだね〜」と。念のためネットでIちゃんが調べてくれたら、やっぱり「カイツブリ」の仲間だった。小魚やミミズなんかも食べるってことが分かったから、ひとしきり休んだ後、畑に「ミミズ」採取に行ったケド取れず・・・結局「まぁこれだけ元気だし、まだ大丈夫か」と行って、もう一度お釜のオウチに戻して、上から籠をかけ、隙間を塞ぎ、「これだけやれば脱出できなでしょう!」と言って、ふたりして出かけた。

そして夜・・・Oさん・相棒と共に我が家に帰って来ると、又も「パッチ」が居ない・・・。あれだけ厳重にしたのになぜ???アタシたちはどうも「パッチ」を見くびっていたらしい。ありったけの体力と頭脳を駆使して「パッチ」は脱出したのだった。勿論何度も「パッチ〜パッチ〜」と呼びながら床下を探したけど、「パッチ」の姿はなかった。

まだまだ雨が降り続いてたから心配ではあったけど、脱出出来るくらいの体力と知力があれば大丈夫でしょう。相棒もアタシも、帰ってきたら「パッチに会える!」と思っていただけに、ちょっとショックだった。相棒は「まだまだ遊び足りないよ〜」と残念がっていた。又もちゃんとお別れが出来なかったけど、今回もこれでよしとしましょう。
posted by フジヨピ at 16:38| 鹿児島 🌁| Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一鳥去ってまた一鳥

木曜の夜の「島一周」の帰り道、真っ暗になった県道を走っていたらアタシと相棒が同時に反応した。「今の鳥じゃない?!」・・・「これは助けろってことでしょう!」と、半ば笑いながらも急いでUターンして反対車線を探した・・・。

いたいた!でもそういう時に限って車が立て続けに来る。こっちは目の前で車にひかれないかドキドキしながら鳥を見守り、何とか車の合間を縫って相棒がダッシュ!捕獲に成功した。何と又も「水鳥」。なんという縁!(笑)。今回のはかなり小サイズだ。この間の「パト」に比べると元気。足からちょっと血が出てたけど、大したことはなさそう。ただ道路脇の際どいところで、カナリのプレッシャーに耐えながら居たからか、「目」が恐いカンジで、正直第一印象は「カワイイ」とは思えなかった。



又だ!_small.jpg
この間タロ邸の裏から拾ってきた「お釜」に藁を入れてこの子の住居にした。



ミニチュアの池で・・・_small.jpg
カナリ疲れていたんでしょう。相棒が作った「島」で静かにお休み。



手乗りパッチ_small.jpg
今回のは相棒の「手のひらサイズ」。まだ「目」が緊張してるなぁ。。。



「一鳥去ってまた一鳥」・・・ホントにこんなに立て続けに何なんでしょう(笑)!!!これも何かの「ご縁」ってヤツってことで、暫しこの生活を楽しむとしましょう!・・・と思っていたら・・・(つづく)

posted by フジヨピ at 14:02| 鹿児島 ☔| Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

辛かったらいつでも帰っていらっしゃい



不在・・・_small.jpg




「パト」がアタシたちのもとから巣立っていった。。。



昨日の夕方からやたらと落ち着きがなくなった「パト」。水浴びをさせてカラダをキレイに拭いてから、新たにスーパーから貰ってきたダンボールに藁を敷いて、新居にお引っ越しをさせた。その住居が気に入らなかったからなのか、やたら暴れて何度も上がってこようとしていた。



羽ばたく練習_small.jpg
昨日は相棒がお刺身をたたいてミンチにしてからあげてた。
食後には先ず家の中で羽ばたく練習。ホント元気になったなぁ。
濡れて震えていたのがウソのよう。



相棒が帰ってきてからゴハンをあげて、玄関で暫し自由にさせてあげてたんだけど、そのうち住居スペースに上がってきたり、羽を広げて羽ばたく真似をしたり、初めて鳴いたり・・・。「そろそろ放してあげる時なのかもな〜。」と相棒。とりあえず早朝にでも公園で放そう!ということにして、ダンボールのオウチに戻した。

静かにしていたのも束の間、狭いスペースの中で羽をバタバタさせだした。羽の先っぽも少し痛んできた。「こりゃ〜外に出してあげないと、羽がダメになっちゃう。」ってことで外に出すことにした。相棒が再度「羽ばたく練習」をさせたりして、アタシは「親バカ」のようにそんな2人を撮影して・・・そして倉庫の横の安全そうなスペースに「パト」を放した。

昨日の夜は異常に眠かったアタシ。ちゃんと見送らないままに眠ってしまった。そして夜中トイレに起きた時に「パト居るか見てきて!」と言われて外に見に行ったケド、その時にはもう居なかった。。。そして今朝、もう一度辺りを見たけど、もう「パト」の姿はなかった。

朝から表に出るたびに「パト〜パト〜」って呼んでみてるけど、いまのところ反応はナシ。カラスやネコに襲われずにいるといいけど・・・。相棒も気になっているらしく「パトは今頃どうしてるのかねぇ。元気にしているといいねぇ。」とメールがきた。

たった3日一緒にいただけなのに、アタシたちの中で大きくなっていった「パト」の存在。昨日の夕方は「やっかましいなぁ〜」なんて思ったりもしたけど、居なくなると淋しい。戻ってこないかなぁ・・・なんて思ってキーボードを打ちながらも時々後ろを振り返る。

でもいつかはお別れしなきゃだし、一緒に居ればいるほど「愛着」が湧いてしまっただろうから、この位あっさりお別れできたのが良かったのかも知れない。あんまり人間と居すぎて野生に戻れなくてもダメだしね。とにかく「ウチらのパト」が安全に南へと旅だってくれるのを祈るばかりです。あ〜、なんだかテンション低っ!きっと相棒も仕事をしながら「パト」を思っていることでしょう。
posted by フジヨピ at 14:49| 鹿児島 ☁| Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

今日の「パト」

昨日は「パト(PATO)」中心の1日だった。夕方、知り合いの漁師Kさんのお宅へ「パト」のエサを貰いに行くとK婦人が、(パトには悪いケド)鳥には勿体ないような立派な「お刺身」を用意して待っていてくれた。しかも「これは人間用ね!」といって、アタシたちの分まで・・・。有難うございます!

アタシが「人間用」のゴハンを用意している間、相棒は「パト」にゴハンを与え、遊びに来ていたU氏はネットで「パト」の正体を調べていた。その間に友人のIちゃんからメールで「水鳥はずっと陸にいると足が壊死するって話を聞いたことがあるけど・・・」という情報が入り、焦った相棒は「とにかく水に浮かべてあげよう!」といって、タロちゃんのウチの裏に転がっていた、大きめの鉄釜に水を張り、パトを浮かべたり・・・(これは狭くて失敗。パトはバタバタもがいて、玄関に水を撒き散らしていた。)。

そんなこんなで「パト」中心の1日だった。今までになかった生活パターンで疲れたからか、ゴハンを食べてビールを一杯飲んだだけで、アタシも相棒もダウン。来ていたU氏をほったらかしのまま、それぞれハンモックとソファーで寝てしまった。ごめんね〜Uっちゃん!

そうそうU氏がネットで調べてくれた結果、「パト」は「オオミズナギドリ」だってことが分かった。この「オオミズナギドリ」、冬場は南シナ海からニューギニア、オーストラリア近海で過ごし、5月中旬から6月中旬に交尾、8月中旬に孵化し、雛は土中の巣穴で育つとのこと。これでこの辺りにいたことも、まぁ納得。親はある程度子育てをしたら、一足先に南へと飛び立ち、雛は親に貰ったエサの栄養分を脂肪に変えて、来るべき時が来たら飛び立って行くそう。エサの心配なんかもしなくて大丈夫そうだ。

今朝行きがけに、「大分元気になったみたいだし、今夜にでも放しにいこうか」と相棒。もう大丈夫かな。。。とりあえず今は玄関先でひなたぼっこして、ウトウトしてる。家事が終わったら遊んであげよう!


ダンボールのオウチ_small.jpg
昨日の寝床はダンボール。
夜中に時々暴れてたみたいだけど、今は落ち着いてる。



眠そう・・・_small.jpg
どうもコーナーが好きで落ち着くみたいだ。
今日はポカポカしてるから気持ちいいんでしょう。


posted by フジヨピ at 11:16| 鹿児島 ☀| Comment(2) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

元気になりました

夜中に我が家の仲間入りしたカモメの「パト」(と名付けた)。すっかりカラダも乾いて元気になった様子。とりあえず何か食べさせなきゃってことで、相棒が取ってきた魚の切り身をあげた。放っておいても食べないから、相棒が半ば強引に口に入れる。パト、出す。相棒、入れる。パト、出す。そんな繰り返しが何度か続き、相棒もやっと食べさせるコツをつかんだようで、刺身を完食させた。


食え!_small.jpg
食えっ!!!食わんと元気が出ないじゃないか!



ささやかな抵抗_small.jpg
ささやかな抵抗?!とにかく得体の知れないものは食べたくないらしい。



スキマスキッチ_small.jpg
食後はちょっと自由にしてあげたらその辺を歩き回って探索。「水鳥」だから歩くのが下手で、それが又カワイイ。お尻をふりふりペンギンみたいに歩く。どうもパトは「スキマ」が好きらしい。見てるととにかく「スキマ」に挑んでいく。



新しい巣_small.jpg
これがパトの新しい住処?さてこれは何でしょうか?!



置物みたいなパト_small.jpg
実はコレ、20キロのガスボンベ。先日「鶏の丸焼き機」を作りたいと言って、友人のSやんに貰って、相棒が制作中のもの。「丸焼き」をやる前にこんな風に使うとは・・・(笑)
なんだかこのパト、置物みたい。



もともと動物全般が苦手気味のアタシ。金魚とメダカ位しか飼ったことないしね。でもこんなことになって、身近に動物に接していると、なんだか段々愛情が湧いてくる。相棒と「今から別れるのが淋しいね」なんて話している。いくらなんでも「カモメ」は飼えないしねぇ。

そうそう、一応元気になるまでは面倒をみようということで、「エサ」のことなどを聞くために、相棒が「上野動物園」に電話をした。とりあってくれないかと思いきや、鳥担当の方が親切に教えてくれた。どうも「魚のカタチ」のもの=つまり「切り身」ではなく、「小魚」丸のままあげるのがいいみたい。なのでこれから知り合いの漁師さん宅に、この子のエサを貰いに行ってきま〜す。暫くはパト中心の生活になりそうだ。
posted by フジヨピ at 17:33| 鹿児島 ☁| Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥あえずウチに・・・

今日、いや昨日の朝から雨が降り続いてる。最近にしてはカナリの大雨だ。昨晩は宮之浦のハーレー乗り=Kさん宅にお呼ばれで、すっかりご馳走になり、12時を回って帰宅すると、家のすぐ手前で相棒が「今、鳥がいた!」という。苦手なバックでタロちゃん宅の横まで戻ると、動めく白いものが・・・。雨の中、相棒が車を降りて救出。とりあえず我が家に持ち帰った。恐らく「カモメ」のコドモだろうか。。。

大雨に打たれて冷え切って、相当体力も落ちてる様子。まずはタオルで体を拭いて、弱めのドライヤーで乾かしてあげた。その後「コタツ」に入れてあげて、今は落ち着いている。ただ単にカラダが冷えて、まともに立てないだけなのか、どこかの骨でも折れてしまっているのか、素人のアタシたちには分からない。これからどうするか・・・昼間になったら考えよう。とにかく早く元気になぁれ!



ドライヤー中_small.jpg
只今ドライヤー中!あったか〜い☆


タオルにくるまれて_small.jpg
タオルにくるまれてちょっと安心?!「目」がカワイイ。


カモメとリュウ_small.jpg
カモメと遊ぶ相棒。


炬燵ん中のかもめ_small.jpg
ここならあったかいでしょう!


飛びたいのか、時々思い立った様に羽を広げて軽く暴れる。羽を広げるとカナリ大きい。そうそう、何を訴えているのか頭を後ろに反らせ、羽を左右から後ろに持っていくんだけどそれを見て「なるほど!」と思った。そう!「ハトのポーズ」にそっくり!っていうか「ヨーガのポーズ」が後なんだけどさぁ。アタシのヨーガ教室ではこの子にちなんで「カモメのポーズ」にしようか、なんてね(笑)。とにかく今夜はコタツでゆっくり暖まりなさい。そしたら食欲も湧くでしょう。

そんなこんなで、こんな時間。相棒はカモメと一緒にコタツで寝てしまった。起こさなきゃ!まったくいろんな事が起こるもんだ。でも我が家は基本的に「ハプニング・ウエルカム」です。あ〜さすがに眠くなってきた。

posted by フジヨピ at 02:45| 鹿児島 ☔| Comment(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

犬も歩けば蜘蛛にあたる

屋久島では今時分がどうも「蜘蛛」の季節らしい。ここひと月位、ホントに蜘蛛が増えた。(多分)季節に関係なく、もともと蜘蛛が多いこの島。しかも種類も豊富。そこかしこに蜘蛛が歩いてるというのが屋久島の「人家」の現状なんだけど、最近はとにかく「女郎蜘蛛」が巾をきかせていて、ところ構わず蜘蛛の巣を張りまくっている。夜中にボーっとしながらトイレに行こうものなら、蜘蛛の巣が顔を直撃!なんてことも少なくない。

でも昔から「朝蜘蛛は天の使い」なんて言うから、朝に蜘蛛を始末するのはどうも憚られるんだよね。それに蜘蛛は害虫を食べてくれるとも言うしね・・・。だからアタシは蜘蛛は殺生しないようにしてる。でも最近相棒から聞いた話によると、蜘蛛を追ってムカデがくるとか・・・それは困る。う〜ん、どうするべきか。



スパイダー_small.jpg
posted by フジヨピ at 14:32| 鹿児島 ☀| Comment(2) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

「人家」なんですけど・・・

先日我が家の土間でゴハンの用意をしていると、視界の端っこに何か動くものが・・・。見てみると中型の「カエルちゃん」だった。一体どこから入ったんでしょう。って、この手の「小動物」が入る隙間はまだまだあるから、当然といえば当然なんだけどね。


かえるちゃん_small.jpg
相棒が首根っこを捕まえると「クゥクゥクゥ」と鳴いて、ちょっと可愛かった。



そういえば1ヶ月くらい前には、やはり土間に「オオゴキブリ」というのが出た。こっちには、都会でもよく見るゴッキーの他に、ゲンゴロウのような風貌をした動きがトロい「サツマゴキブリ」(正式名は知らない)などがいる。その2種が支流で「オオゴキブリ」に遭遇したのはその時が始めてだった。珍しいこともあって、見つけた相棒がわざわざアタシを呼んでくれた程。ひとしきり見物して「始末」させて頂いた。ちなみに彼もかなりトロい。

その夜ウチの「大家さん」=「タロちゃん」にその報告したところ、そんなヤツは知らないという。早速「屋久島虫図鑑」で調べるタロちゃん。そして大笑い。「なになに?!」と???のアタシ達に「人家には出ませんだって〜!」と笑い転げる「我が大家のタロウ」。そしてつられて笑うアタシ達。ということは、あそこは「人家」として認められてないということなのか?!おいお〜い!

ってこんなことを書くと、東京のみんなが遊びにきてくれなそうで心配だけれど、大丈夫だからね〜。いつでもキレイにして、アタシ達も虫さん達もみなさんのお越しをお待ちしております。そして「虫的にあそこは人家として認められてないってことか〜」と大笑いした「大家さんのタロウさん」には、近々家賃の値下げ交渉をしようかと思っておりますが、みなさんどう思われますか(笑)?
posted by フジヨピ at 13:01| 鹿児島 ☀| Comment(2) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

飛んでいけ!

先日タロ邸の前で、今まさにさなぎから出ようとしている蝶々をタロちゃんが発見!いい瞬間に立ち合わせてもらった。


さなぎから蝶々へ・・・
ちょうちょの羽化@.jpg


無事蝶々に・・・
ちょうちょの羽化A.jpg


ところでこの蝶々、よく見かけるけど何ていう名前なんだろう?!
posted by フジヨピ at 11:44| 鹿児島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | いきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。