2007年08月05日

キャンパー上がり

その昔・・・って程昔じゃないケド、何年か前まではよく、テントと自炊道具を持って、南の島なんかを長いこと旅していた。屋久島もそのひとつ。7年位前、ウチの相棒と出会ったのも屋久島のキャンプ場だった。このブログでも時々登場する、貰い物上手の大男Bや、屋久島移住の先輩であるMもその時からの付き合いだ。

ちょっと話は逸れたけど、先日遂に我が家の炊飯器が壊れた。大分昔のものだから仕方ないような気もするケド、もしかしたらこの間の雷や、不安定な屋久島の電圧のせいもあるのかも知れない。

そんな訳でここ2週間は「土鍋ゴハン」。スイッチひとつで・・・という訳にはいかないけど、なんせ「キャンパー上がり」=米炊きには自信がある。長年?の経験を生かして米を炊く。それなりに手間はかかるケド、炊飯器で炊くよりも格段にウマイ!炊き上がり重い蓋を開け、ふわっと上がった湯気の下に「蟹の穴」が美しく並んでいるのを見ると、毎回心の中で小さくガッツポーズをする。美味しい米が炊けた証拠だ。

炊飯器・パン焼き器・電子レンジ・掃除機・洗濯機・・・なんでも「ポチットな!」っとボタンを押せば済む時代。それはそれで楽ちんだし、家事を助けてくれる大切なアイテム。でもその中で敢えてひとつ位、アナログなものを残してみるのもいいかも知れない。毎回同じようには出来ないかも知れないケド、自分の手をかけただけ美味しく、そして大切に思えるような気がする。そんな訳で、当分我が家は「土鍋deゴハン」。炊飯器では出来ない「おこげ」を楽しむとしましょう。




0713土鍋でゴハン.JPG
ラスト30〜60秒。
土鍋に耳と鼻近づけ・・・
音と匂いで絶妙の「おこげ」を作るのだ!




つい何日か前から「玄米」にチェンジ。無農薬栽培の玄米はこれまたウマイ!あのプチプチとした食感がたまらんのです。よ〜く噛んで、味わって頂きましょう。

   
posted by フジヨピ at 15:44| 鹿児島 ☀| Comment(4) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

Gazpacho

先日、バイト先のMさんが作ってくれた「Gazpacho」の味にいたく感激したアタシたち。早速作り方を聞いたので作ってみた。トマトベースの、程よくパンチのある冷製スープは、ジメジメした夏にはもってこい!美味しいのに簡単ってトコが最高!今年の夏は「Gazpacho」を筆頭に「冷製スープ」にハマりそう。



0802ガスパチョ.JPG
にんにくとワインビネガーが「パンチ」の決め手
とにかくウマイ!
よ〜く冷やして召し上がれ!
posted by フジヨピ at 23:54| 鹿児島 ☔| Comment(3) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楊貴妃の大好物

楊貴妃の大好物であったと言われている「ライチ」。屋久島でも栽培されているって知ってましたか?って、恐らく出荷用ではなく自家用だと思われますが・・・

先日、バイト先のボス(笑)の紹介で知り合った、パン屋のPさんカップルから、なんと「フレッシュライチ」を頂きました。

今まで「肉のハナマサ」で売っている、今や「とても危険な香りのする国」の「冷凍ライチ」をウマイウマイと食べていたアタシたち。。。さて、国産のフレッシュライチは果たしてどんな味がするのでしょうか?!




0720ライチの実.JPG
コレが屋久島産ライチだっ!




0721ライチ.JPG
カラっと乾いた皮を剥くと、この上なく瑞々しい果実が!!!
「とぅるん」とした見た目がなんとも言えない!




0721ライチの皮.JPG
怪獣の卵のような外見とは打って変わって、皮の内側は光沢のある綺麗な紫色。
捨てるのがちょっと惜しかったくらい。





初・屋久島ライチ=いや〜、ホントに美味しかったです。今まで食べていたライチは何だったのでしょう?独特のモチッとした食感と、巨峰のような風味と甘味。う〜ん、やっぱりフレッシュな国産の果物は絶品でした。残念ながらもうすでに「ライチの季節」は終わってしまった模様。又来年を楽しみに・・・そして食べ終わったライチの種は現在、水の中で芽を出そうと頑張っているところ。自宅でライチが採れるのは一体何年後でしょう?!そしてPさん、貴重な「屋久島ライチ」を有難うございました。感謝!




posted by フジヨピ at 14:44| 鹿児島 ☔| Comment(3) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

たまごランチ

昨日のお昼は、友人のNさん・S子さんと共に、平内集落にある「TIME」という喫茶店の「たまごランチ」に行ってきた。前々から美味しいとの評判だった「平飼いたまご」を使った木曜限定のランチ。ついに食すことができた。

アタシは「オムライス」と「プリン」をオーダー。「オムライス」はボリュームたっぷりだけど、あっさりとした味だったから難なく完食!美味しく頂きました。そしてプリン。特にこれが美味しかった!卵がたっぷり使われていたから「たまごの味」が分かったし、濃厚且つなめらかな舌触り!オススメです。この「木曜限定ランチ」。結構人気みたいなので、確実に食べたい方は予約することをオススメします。



0712オムライス.JPG
少食の方にはちょっとキツイ量かも・・・
男性陣には嬉しいボリューム
アタシにも嬉しいボリューム




0712プリン.JPG
濃厚&なめらかプリン
ごく普通のレシピと比べて、かなり多くのたまごを使っているそう



0712メニュー.JPG
コレがメニュー
どれも安い!



屋久島人のお財布に優しい、とても良心的な価格。美味しいし、感じもいいし・・・屋久島の中ではカナリ高得点のランチでした。ご馳走様〜。



posted by フジヨピ at 18:04| 鹿児島 ☁| Comment(4) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ナゾを解く本

お菓子作りをやっていて、なぜそういうことをするのか・・・なぜそういうことをしてはいけないのかなど、疑問に思うことって沢山ある。失敗の原因が解からないことも沢山ある。それを解決してくれるお菓子本が、長年の「食の友」=Mから送られてきた。これからはこの本でちょっとレベルアップしたお菓子が作れるかも?!M、ありがと〜。



0708相原本.JPG
Mが習っている相原一吉氏の本



0708カトルカール.JPG
同じケーキでも作り方によって、食感や風味、膨らみ方が変わるという例などが詳しく載っている



余談だけれど、折角送ってもらったこの本。昨日の午後に届いて机の上に出しておいたんだけど、夕方帰ってきたら、我が家の湿気でみごとに波打ってしまっていた・・・恐るべし屋久島の(というか我が家の?!)湿気!



0708湿気本.JPG
あっという間にヘナヘナになります・・・
posted by フジヨピ at 14:34| 鹿児島 ☔| Comment(3) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

シアワセナタベモノ

あのふわふわ感。しっとり感。口に入れてからなくなるまでの、あの感じは「シフォン」独特のもの。

今まで買って食べるだけだった「シフォン」。先日Rちゃんと共に「シフォン型」を買った。Rちゃんはすでに3回も作ったというハマり様。アタシは昨日初挑戦した。スポンジ系は苦手意識があったから、今回は「失敗してはならぬ!」と、これでもか!って位に卵白を泡立てた。

オーブンに入れて40分程。型からはみ出るほどに膨らんでくれた。そして焼き上がってからがこれまた長い。型を逆さにして半日程じっくりと冷ます。待たされるだけに高まる期待。でもなんとかその期待を裏切らないものが出来上がった。ふぅ。Rちゃん同様、アタシも「シフォン」にハマりそうだ。



0618初シフォン.JPG
「初シフォン」はシナモン・ナツメグ・ブラックペッパーを入れた「スパイシーシフォン」
posted by フジヨピ at 17:29| 鹿児島 ☀| Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

ありがとう☆

旅行から帰ってきたK里ちゃんからの嬉しいお土産。京都「半兵衛麩」の「麩饅頭」。学生の時に出会って以来の大好物。もっちりと柔らかい麩饅頭の中に入った、なめらかで上品な甘さの餡。相変わらす美味でした。ご馳走様。



0618 半兵衛麩.JPG
笹に包まれた麩饅頭は、かすかに笹の香りをまとって美味しさを増すのです
posted by フジヨピ at 12:16| 鹿児島 🌁| Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

島ごはん

一昨日の晩ご飯は、久々に「島らしいもの」が食卓に並んだ。



0611島ゴハン.JPG
しそご飯(我が家の青じそを使用)
キャベツのみそ汁(我が家の定番・最後にゴマ油をちょっとたらす)
砂肝・タマネギ・マタケ・ピーマンの炒め煮(ピーマンは自家製)
塩らっきょと鯖節の和え物(自家製塩らっきょ)
茹でタケノコ(Y子さんからのお裾分け・シンプルにマヨネーズで)
ゴボウのみそ漬け(ご近所Kさんより頂く)



自分の畑で採れたもの、友人やご近所さんから頂いたものなどがバランスよく並ぶと、なんだか嬉しい。そうそう、お茶は自家製ミントティー。ゴハンにもなかなか合うし、爽快な味だからこれからの季節に活躍してくれるでしょう!今日もみんなに感謝して「ごちそうさまでした」。
posted by フジヨピ at 06:47| 鹿児島 ☁| Comment(2) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

漬ける・漬ける・漬ける!

この季節、関東だと沢山の「梅」が八百屋さんやスーパーに並ぶ。「梅雨」は「梅」を漬ける季節。「梅干」「梅酒」「梅ドリンク」など。。。

こちらにも梅は・・・あるにはあるケド、正直なところあまりいい梅ではない。その代り(?)スーパーなどで、梅よりも広いスペースをとっているのは「らっきょう」。こちらではみんな、自分の家でらっきょうを漬ける。しかも「甘酢」ではなく「塩」で漬けるのがメジャー。屋久島特産の「鯖節」と一緒に頂く。さしずめ「酒の肴」といったカンジで美味。「甘酢らっきょ」は苦手な人でもコレは食べられる!といった人が多いみたい。

そんなことで今年は「塩らっきょう」を漬けてみた。それから去年もやった「紫蘇ドリンク」と「やまももの砂糖漬け」(←エキスが出たらお水で割ってドリンクに・・・)。「塩らっきょう」はそろそろ食べられる。「紫蘇ドリンク」も週末には飲み始められるハズだ。楽しみ楽しみ!




0606赤しそ.JPG
ご近所さんから頂いてきた「赤紫蘇」
光を浴びた鮮やかな赤紫色の葉がキレイ



0607しそドリンク.JPG
今年は「緑」と「赤」の二種 リンゴ酢と氷砂糖で漬けた
氷砂糖とリンゴ酢に漬けると、みるみるうちに赤い色が溶け出した
去年は高知のじいちゃんトコで、この赤紫蘇ドリンクを頂いたな〜



0607塩らっきょ.JPG
丁寧に皮を剥いて「塩水」に漬ける・・・それだけ



0607やまもも.JPG
F元さんが持ってきてくれた「やまもも」
試しに「氷砂糖」だけで漬けて(?)みた
近々「やまももエキス」が溶け出す予定



もう少しすると「すもも」も最盛期になるし、「すもも酒」や「すももジャム」を作るのも楽しみ。今年は「梅」は実家に任せて、地の素材だけで色々漬けるかな〜。
posted by フジヨピ at 10:32| 鹿児島 🌁| Comment(6) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

おばあちゃんの芋団子

日曜日の朝&昼ご飯は、相棒作の「芋団子」。おばあちゃん秘伝(?)の素朴な味わいのおやつ。芋の粉にぬるま湯・サツマイモ・砂糖を入れて練り、ぎゅっと手で握って形成。それを蒸し上げる。きな粉砂糖を振ったら出来上がり!優しい甘さともちもち感が魅力。相棒にとっては「思い出の味」なのか、時々食べたくなるみたい。



0513いも団子.JPG
手で握っただけの形がカワイイ。
相棒曰く「芋団子には牛乳」なのだそう。
posted by フジヨピ at 21:44| 鹿児島 ☁| Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

ご馳走様で〜す☆

先日、帰省していたY子さん・Mちゃんが、神奈川・東京からそれぞれ屋久島に帰ってきました。GWを挟んでたっぷりひと月。帰りを待ってるこっちは長かったケド、行ってた二人はきっと、あっという間だったことでしょう。そんなお二人からステキなお土産を頂きました。偶然にもどちらも「鎌倉」のものでした。アタシも又鎌倉行こ〜っと。



0513Y子さん土産.JPG
Y子さんからは、
手拭いマニアのアタシに・・・
ステキな傘の模様の「手拭いハンカチ」と・・・
コンフィチュ−ルで有名な、ロミさんのお店の「ホットケーキミックス」
週末に相棒に作ってもらいましょう!
※「焼き物」は、なぜか相棒の方が上手いのです



0513Mちゃん土産.JPG
Mちゃんからは、
「鎌倉源吉兆庵」の季節の和菓子セット
美味しい緑茶と共に頂きましょう!



どちらもアタシたちの好きなもので、とても嬉しいお土産でした。Y子さん・Mちゃん、ありがとう☆
posted by フジヨピ at 13:47| 鹿児島 | Comment(2) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

無性に食べたくなって・・・

ここのところ毎日のように採ったタケノコ。今日はそれでなにを作ろう?と考えていたら、無性に「中華ちまき」が食べたくなった。無論そんなものは作ったことがなかったので、インターネットでレシピを調べてみる。作り方は意外と簡単。材料もそこそこあったから作ってみることにした。


0510ちまき.JPG



炒めてから煮たお米・野菜・肉を竹の皮に詰めていく。お米3合に対して竹の皮10枚。具のりょうもほぼレシピ通りにやったのに、だいぶ大きなちまきになってしまった。タイの餅米とタイの香り米をミックスして作ったからか、想像していたモチモチのちまきにはならなかったけど、一応それっぽくできた。味はちょっと薄めだったけど、干し椎茸とエビの出汁がきいていて美味しかった。でも今度はちゃ〜んと日本の餅米で作ってみよう。
posted by フジヨピ at 23:59| 鹿児島 | Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♪火曜日だけど水餃子♪

昨日は朝から夕方にかけては、シーカヤックガイドMのお手伝いで、カヤックの回収を兼ねたカヤッキングと(又も)タケノコ採りを楽しみ、夕方からは我が家にガイドのAちゃんが来て、3人で「水餃子」パーティーをした。

お気に入りの雑誌「リンカラン」に載っていた「ケンタロウ」のレシピを参考に、餃子の皮から作ろうという企画。すでに一度経験済みのAちゃん、「皮がもっちもちでおいしいんだよ〜」と。。。その「もっちもち」を味わいたくてせっせと準備。昨日は経験者のAちゃんに生地を作ってもらった。



0508だいぶ出来た!.JPG
強力粉・薄力粉・ぬるま湯をミックスして出来た生地。
それを小さく千切って伸ばしていく。



0508こんなに沢山の皮!.JPG
3人分で33枚できた。



33個ということは1人11個。ちょっと少ないんじゃないの〜?なんて思って「焼きタケノコ」と「蒸しキャベツ」を準備。その間にだいぶ生地も出来上がり、2人で餡を詰めていく。餡は豚挽き・ニラ・生姜のみのシンプルなもの。

市販の皮とは感触が全く違って、やわらかくて気持ちがいい。生地に餡を乗せ、キレイに襞をつけながら閉じていく。その作業がホントに楽しくてあっという間に出来上がった。そして熱湯で茹でること3分程。できたできた!うぉぉぉ〜、見るからに美味しそう!



0508水餃子.JPG



特性のタレであっつあつを頂く。おいしい!ホントにおいしい!!!それは今まで食べた餃子を軽く飛び越え、一気にトップに踊り出た。シンプルな餡は、勿論美味しく柔らかでジューシー。そしてそれを包むモチモチで厚い皮はホントに絶品だった!もう市販の皮には戻れません。



0508できた!.JPG



自分で皮をつくるとこんなにも美味しいんだ〜!!!いやぁ〜久々「感動」に値する食べ物に出会った、と言ったカンジ。ひとつ食べるごとにみんな溜め息。大げさではなく、もう溜め息しか出ないほどの美味しさだった。今年は「自家製水餃子」にハマりそう。その証拠に、実は今日もY子さん・Yさんカップル宅にお邪魔して水餃子。だって水曜日ですから・・・

でもこの頃ちょっと食べすぎで、Gパンがきつかったりして・・・明日はいつもより長くヨーガをしよう!ちゃんと消費しなきゃね。そうそう、足りないのでは、と危惧していたけれども、ケンタロウの言う通り「たっぷり3人前」でした。お腹いっぱい!ご馳走様でした〜。



posted by フジヨピ at 00:19| 鹿児島 | Comment(2) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

男前なヤツが遂に屋久島上陸!

こんなに早くこの日がやってくるとはっ!!!そう、以前このブログでも紹介した「男前シリーズ」の豆腐が、なんと我が家の近所=安房の○コープで扱われるようになった。

先日閉店間際の○コープに行き、何の気なしに豆腐の棚を見ていたら、見慣れない豆腐がポツンとひとつ。よ〜く見ると「男前豆腐」の新作ではありませんかっ!東京に帰った時にしか食べられないと思っていたら、遂に屋久島でも味わえるようになった。

他の豆腐と比べるとカナリお高いし、こっちの豆腐とは全く違った味わいだけれど、やっぱり新作もクリ-ミーで美味しかったぁ。

この日は1種類しかなかったケド、別の日に行ったら3〜4種類あってビックリ!見かけた方は是非お試しあれ!過剰なまでの「パッケージとネーミングにかけるパワー」は、最近ちょっとやりすぎ?と思わなくもないけど、美味しいのでよしとしましょう。



0430男前!.JPG
コレは「男の3連チャン」というもの。
超クリ-ミーな舌触りで、醤油がなくても食べられます!



興味のある方は男前豆腐のHPを見てみて。カナリいっちゃってます(笑)。そしてそういえば、先日宮之浦の○い○いランドの入り口に、なぜか「男前」のガチャガチャがあったなぁ。豆腐はなかったケド。。。さてさていつまでもつか「男前」。地元の豆腐とだいぶ違うからな〜。でも頑張って欲しい。
posted by フジヨピ at 17:29| 鹿児島 ☀| Comment(4) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

島の幸料理

タケノコ掘りに行ったその日の夕方、近所に住むF元さんが「タケノコ」を持ってやって来た。といっても別の種類のタケノコ。自分たちで掘ったのが、たぶん一般的な「孟宗竹」。そして頂いたのは・・・



0503またけ.JPG
これが「マタケ」。



0503こさんだけ.JPG
これが「コサンダケ」。



こちらではこういう細いタケを食べる。島料理の店なんかにも、こういったタケを使った料理を出してくれる。アタシの大好物!

そんな訳でこの日は「屋久島の幸料理」となった。といっても時間もなかったから、ホントに簡単で・・・なんだか「酒のつまみ系」になってしまったんだけどね。あ〜、お兄ちゃんももう少し居たら一緒に食べられたのにね〜。残念!



0503筍尽くし.JPG
タケノコご飯
コサンダケの味噌汁
マタケの焼き物
カメノテのバター醤油炒め
カサガイの佃煮



どれも美味しく頂きました〜。島の幸とみんなに感謝!ご馳走さまでした〜☆

posted by フジヨピ at 14:22| 鹿児島 ☁| Comment(6) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島のおやつ

この季節になると、島のオバチャンたちは「あくまき・つのまき・かからんだんご」というおやつを作る。どれも素朴な田舎のおやつだ。

去年は知り合いも居なかったから、そういったものを貰うことはなかったケド、今年は2家庭から「島おやつセット」を頂いた。こういったものを貰えるようになったことがなんか嬉しいアタシたち(笑)。あ〜1年経ったんだな〜と実感したりして。。。

近所のM元さんから頂いた分は「磯もん採り」に行く前にみんなで頂き、その後相棒の同僚=M下さんからの分は、頂くや否や相棒とともにペロリと完食!どちらも出来たてでもっちりとしていて美味しかった〜。M元さん・M下さん、ご馳走様でした〜。



0503あくまきなど.JPG
手前から「かからんだんご」「あくまき」「つのまき」。



「かからんだんご」は「かからん(サツマサンキライ)」の葉で餅をサンドして蒸した「ヨモギ餅」。「あくまき」はもち米を灰汁で漬け込み、竹の葉で包んで焚いたもの。「つのまき」の中身はたぶんあくまきと同様。ただ「ダチク」という植物の葉で三角形に包む。「かからん」は甘いけど、後のふたつは特に味はついていないから「きな粉砂糖」をつけて食べる。

このおやつたち、やはり作るのに手間と時間がかかるからか、いまではちゃんと作れる人が少ないみたい。それに加え、今は色んなお菓子が簡単に手に入るし、こういった「素朴系おやつ」が生き残っていくのは大変なのかも。それでもこの季節に、島ならではの味を楽しむのはいいもの。きっとオバチャン達は節句に合わせて、島外に住む子供や孫にもこれらを送るんだろうな〜。
posted by フジヨピ at 08:22| 鹿児島 ☔| Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーガ&ランチ

連休の狭間、お天気もよかったので「夜ヨガ」をやめて昼間の「外ヨガ」に変更した。ランチの用意をしていつもの健康の森へ。

しっかり90分ヨーガをしたらお腹ペコペコ。持っていったランチはペロリと頂き、気持ちのいい風に吹かれながらそのままティータイム。ふぅ〜。ついウトウトしてしまいそうな陽気。そして気づいたら夕方。なんとも贅沢な時間でした。



0502ヨガランチ.JPG
ジャガイモの即席カレーと大学芋もどき
カレーは始めに「クミン」を炒めるだけで「本格的」に。。。
posted by フジヨピ at 07:42| 鹿児島 ☔| Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

精進ポテトサラダ

最近カナリお世話になっている料理本=「菜菜ごはん」。専業農家に生まれたカノウユミコさんという方の、野菜を使った簡単なレシピが満載で、どれも美味しい。

先日は「精進ポテトサラダ」というのを作ってみた。アタシは普通に美味しいな〜と思った位だったんだけど、相棒はカナリ気に入ったみたい。マヨネーズを使わないので、マヨネーズ嫌いの方にはオススメ。


no-title
今回はキュウリがなかったから真っ白サラダ。
代わりに自家製のサニーレタスを収穫。
それでつつんで頂いた。


0427ウチの玉葱.JPG
中に入れたタマネギも自家製。
シャキシャキで美味しかった〜。


<精進ポテトサラダ>
材料
  ジャガイモ 2個
  レモン汁 少々 ※今回はダイダイ汁で代用
  キュウリ 1/2本(小口切り) ※今回は不使用
  タマネギ 1/6個(薄切り) 
  オリーブ油 少々
  塩・胡椒 少々
  ※以降「精進マヨネーズ」の材料
  木綿豆腐 1/2丁
  オリーブ油 大さじ2
  米酢 小さじ2
  マスタード 小さじ1
  レモン汁 小さじ1
  塩 小さじ1/2

作り方
  @ジャガイモは水から茹でてつぶし、温かいうちに塩とレモン汁を混ぜる
  Aキュウリは塩をまぶし、水気を切る
  Bタマネギは塩とオリーブ油をまぶしておく
  C精進マヨネーズを作る。鍋に湯を沸かし、豆腐を崩し入れ、再び沸騰したらザルに上げて水気を切る。すべての材料をミキサーなどにかけて滑らかにする。
  Dジャガイモ・キュウリ・タマネギを精進マヨネーズで和える。


カナリ「さっぱり・あっさり」のサラダ。レモン汁・酢・マスタードが作用して爽やかな味わいでした。
posted by フジヨピ at 16:35| 鹿児島 ☀| Comment(2) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の味=タケノコを食す

このブログにも何度か登場している、一色父さん・一色母さんが畑をやりに福岡から帰ってきた。そして先日外出先から帰ると、早速玄関先に何かが・・・。膨らんだ土嚢袋を開けてみると、堀りたての「タケノコ」だった。そしてご親切に「ぬか」まで。。。思わずにんまりする。


0426一色タケノコ.JPG



さっそくぬかを入れたたっぷりのお湯でゆがく。そしてその日のメニューは「タケノコご飯」と「タケノコと豚肉の炒め煮」。炒め煮はネットで見つけたレシピで作ったんだけど、メッチャ簡単で美味しかったのでココで紹介!オススメです☆


<タケノコと豚肉の炒め煮>
材料 
   タケノコ 400g (一口大にカット)
   豚バラ肉 300g  (一口大にカット)
   しょうゆ 大さじ1 (豚肉にまぶしておく)
   しょうが ひとかけ (みじん切り)
   ねぎ   少々   (みじん切り)
   ゴマ油  大さじ1
   酒    大さじ2
   しょうゆ 大さじ2
   牡蠣油  大さじ1
   お湯 100cc
作り方
   @しょうが・豚バラ肉をゴマ油で炒める
   A炒まったらお湯を入れて煮、酒・醤油オイスターソースで味付け
   B刻んだネギを散らす(今回はなかったので入れなかった)


0427筍ご飯.JPG
タケノコご飯


0427筍と豚の煮物.JPG
タケノコと豚肉の炒め煮


彩りには近所の「サンショウ」をちょこっと頂いて。。。掌で「ぱ〜ん」と叩くと一気に春の香りが漂う。


0427山山椒@.JPG
おそらく「イヌザンショウ」というもの。
香りは柔らかい。


0427山山椒A.JPG
一般的な「サンショウ」よりも木が大きい。


タケノコ1本、しっかり美味しく頂きました。一色さん、いつもご馳走様で〜す☆
posted by フジヨピ at 15:12| 鹿児島 ☀| Comment(2) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

お茶の時間

2人共「お酒」はあんまり飲まない。誰かに誘われた時や、みんなが集まった時は「人並み」に飲むけど、2人で飲むってことは殆どない。だから食後は「お茶」と「スイーツ」。

一昨日の夜は近所に住むKくん・SちゃんカップルとGSで働くTくんを「お茶」に誘った。飲むところはあっても、近所にお茶するところはないんだよね〜。でもこうして夜の9時頃から集まって「お茶」というのは、「島暮しならでは」かも。



0425紅茶のスポンジ.JPG
紅茶のスポンジケーキ



0425桜サブレ.JPG
桜葉入りサブレ(子豚型)
posted by フジヨピ at 12:22| 鹿児島 ☁| Comment(3) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。