2007年02月15日

帰省の旅E(12/31)

前の日に久々みんなで集まって、楽しくて帰るタイミングを逃し、終電を逃したアタシ。東京に住んでた時は我が家に集まることが多かったし、都心だったから「帰れない」とか「終電を逃す」ってことがなかったけど、今回の拠点は郊外の実家。ついつい帰るのが面倒臭くなったってこともあって、「泊まって行けば〜」という兄さんのお言葉に甘えてお泊まりさせてもらったのだ。

早朝、兄さんを起こさないようにそ〜っと兄さんのマンションを出る。兄さんありがとう!早朝の冷えた空気が気持ちよかった。「あぁ、今日は大晦日かぁ」なんて実感なく思いながら2時間近くかけて実家に帰宅した。

まずはヨーガ。今年最後の「朝ヨーガ」だ。それから残りの窓ふきと、いつもより丁寧に掃除機をかけた。年の瀬とあって家族もそれぞれ忙しそうだ。

夕方前、先輩のDさんと会うため吉祥寺に出向く。彼女と会うのは大抵吉祥寺だ。都会のオシャレさはないけど、「中央線」に慣れ親しんだアタシにとっては落ち着く場所。いつもは知り合いのカフェとかスタバとかだけど、この日は最近Dさんが時々行くという、駅の近くの紅茶のお店でお茶にした。

いつものように「よう!」ってなカンジで現れたDさん。いつもお互いのブログを見てるせいもあってか「久々」って感じが全くない。普通に話して普通に「居るうちにまたな!」って別れた。けっこう元気そうでよかった。

8時近くになって帰宅。「紅白」を見ながら早めの「年越しうどん」(我が家はなぜかそばではなくうどん)を母と2人の叔母と食べた。こうして「大晦日」に実家に居て「年越し」をするのは一体何年ぶりだろう。。。

結婚するまでの6〜7年位は都内で一人暮らしをしてて、いつも年明けにほんの2〜3日実家に帰るだけだった。ここ数年は相棒を含め、誰かしら友人が来て我が家で年越しをすることが多かった。去年はなぜか相棒の後輩が「年越しそば」を作り、相棒・兄さん・Iっち・Mたんと年越しをして近くのお寺にお参りに行ったっけ。。。あれから1年か・・・ホント月日の経つのが早すぎる!今年は「屋久島」に移住してしまったこともあったし、自然とそれぞれがそれぞれの実家で「年越し」ということになった。

何はともあれ久々の実家で、静かな年越しとなった。久々に「紅白」も見て、家族と日本酒の熱燗なんか飲んで・・・気づいたらソファーで寝ていて、「ゆく年くる年」も終わって、知らないうちに明けていた。ガ〜ン。あっけない年越しだった。まぁこんなんもアリか・・・とにかく2006年も無事過ごせたことに感謝。

posted by フジヨピ at 21:10| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご馳走さま〜!そして世間は狭い!

昨日は「ヨーガ」で知り合った、ご近所のY子さ宅でランチにお呼ばれ。午前中は「嵐」のような天気だったのに、お昼には雨もあがったので、「たんかん」と「梅ケーキ」を持ってプラプラと歩いて出かけた。
Y子さん、まだ5ヶ月の赤ちゃんがいて大変なのに、美味しいゴハンを作って待っていてくれた。





Yさんランチ.JPG
「ワンプレートランチ」なんて「カフェ」みたい!アタシも真似っこしよ〜っと!
「お豆」「梅」たっぷりの「ゴマ」が入ったゴハン、柔らかい照り焼きチキンとポテトサラダ。
どれも美味しかったし、暫しオシャレな「カフェ気分」を味わった。





Yさんケーキ.JPG
Y子さん作の「ガトーショコラ」と「ルイボスティー」。
島の移住者の人は「ケーキ」やら「パン」やらホント上手に作る。
「ガトーショコラ」しっとりとしてて美味しかったぁ。
初「ルイボスティー」もほのかな甘さが「ツボ」でした。





Y子さんは同じ関東人で、数少ない「同い年」の女性。働いていたところもご実家も、ウチの相棒と近かったり・・・何となく親近感を覚えていた。ゴハンを終えて色々と話していくうちに、学校が近そうだったし、興味の対象がアタシたちと似ていそうだったから「どこ?」って聞くと、なんと相棒と出身校が同じ!え〜?!「だれか共通の友達がいるかもね〜」なんて言いながら更に話していたら、アタシの高校の後輩が、Y子さんの学校と一緒だということが判明!またまたビックリ!世間は狭いなぁ。でもなんか嬉しい出来事だった。




なんだかんだと話しているうちに、あっという間に夕方。楽しかったぁ。近所にこういう友達ができるのは嬉しいし心強い。って考えてみたら「今日はバレンタインじゃん!!!」どうしよ〜なんて言いながら慌てて帰ったのでした。なにはともあれ美味しいゴハンとケーキと、楽しいひと時をありがとう!これからもよろしくね☆





慎ちゃん.JPG
5ヶ月になる息子のSちゃん。
泣いて疲れてお休み中。
キュートだ。





慎ちゃんの手.JPG
小っちゃくてプクプクした手。
カワイイねぇ。




posted by フジヨピ at 10:56| 鹿児島 ☀| Comment(4) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

いってらっしゃい!

友人のIちゃんが今日島を出た。約1年の予定でNZに行く為だ。まだまだ友人と呼べる人が少ないアタシたち。そんなアタシたちにとってIちゃんは、数少ない信頼できる「島暮らし」の先輩だ。これからもっと色んな事を一緒にしたり、話したりしたかったから、彼女が島を離れるのは淋しい。でも新たな土地でチャレンジするIちゃんは素敵だと思う。どうかカラダに気をつけて、NZで色んな経験をして帰ってきてね!いってらっしゃ〜い!



お見送り.JPG
旅立つIちゃんをみんなでお見送り。
関西の実家まで「チャリ」で帰るとのこと。
なんともIちゃんらしい選択。
もうNZへの旅は始まってるんだね〜。




あいちゃん.JPG
乗り込んだ船の上から。。。
ふざけてるケド、実は泣いてたりして?!
なぁ〜んてことはないか。。。




屋久2.JPG
行っちゃった〜。
とりあえずは無事地元に帰り着きますように。。。





いいなぁ、これから新しい「なにか」が始まるんだね〜。アタシも守りに入ってる場合じゃないよな。がんばろ〜っと!
posted by フジヨピ at 00:56| 鹿児島 | Comment(5) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチツーリング

一昨日はあまりにお天気がよかったから、カンタンなお昼ゴハンを持って一人バイクで出かけた。特にどこに行くとは決めずに、とりあえず南へ向かって走り出す。

このところ寒くて、バイクで出掛けることがめっきり減ってしまっていたし、朝の散歩&ヨーガ以外は外へでることもなく引き篭もりがちだったから、気晴らしをしたかった。それに今は「たんかん」をはじめとする「柑橘類」が豊富。南の「無人市」でそれらをたんまり買って来ようと思っていた。

あんまり遠くまで行くつもりはなかったんだけど、気づいたら「湯泊」まで来ていた。ここは知人のKさんの「現場」がある集落。ちょっと顔を出していくことにした。

Kさんは同じく「移住者」の方で、今は別の集落に住みながら自力で「ドームハウス」を建てているという面白い方。アタシが行くとちょうど休憩中だったようで、現場横の小屋(これもKさん作)にいらっしゃった。お茶を頂いて(ご馳走さまでした〜)小一時間程海を眺めながらお話しをした。こんな付き合い・こんな時間も島ならではだな〜と思う。(Kさんの家作りの様子はリンクの「屋久島で物づくりを始める」http://masa19493.at.webry.info/をご覧下さい!)

お腹もすいてきたから、引き返して「尾の間」の港でゴハンにすることにした。ここの港はお気に入りの場所のひとつ。バイクを止めて海を見ながら持ってきたパンと途中で買った「たんかん」で遅めのランチ。気づいたら結構いい時間で、あんまりゆっくりはできなかったけど、久々の「外ゴハン」はやっぱり気持ちがよかった。



イントン.JPG
だ〜れもいなくて静か。




尾の間港.JPG
ここの港の海の色はちょっと「沖縄」の海を彷彿とさせる。
じ〜っとみてるとお日様や雲の動きによって海の色がめまぐるしく変わるのがわかる。




帰りは「無人市めぐり」をして「たんかん」「八朔」「サワーポメロ」など、予定通り沢山買って帰った。でも一週間もつかなぁ。。。

久々のバイク。暖かかったこともあってホントに気持ちがよかったぁ。変わりやすい島の天気を思うとつい車になってしまうけど、やっぱりバイクは「季節」を肌で感じられていいな〜と思ったのでした。今年はもっとバイクに乗って、一人で「遠出」もしてみよう!
posted by フジヨピ at 00:18| 鹿児島 | Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

帰省の旅D(12/30)

午前中にヨーガに行った後、午後はN兄さん宅でいつものメンバーが集まってくれた。アタシたちが帰ってくるというのもあったけど、それと併せてこの日は「サプライズ」でメンバーのひとり「Iっちの結婚祝い」をすることになっていた。




おめでとう!
Iっちおめでとう!幸せになるんだぞ!





キルフェのケーキ
お祝いのケーキは大好きな「キルフェボン」の「フルーツタルト」。
プレートの名前が間違って「イノッチ」になってたけど気にしない気にしない!




大好きな友人達と、美味しいゴハンとケーキを食べながら過ごす時間はホントに幸せ。「男子」が買い物に行ってる間に「girl’s talk」もできたし、楽しい時間はあっという間に過ぎ終電を逃し、結局兄さんの所に泊。又してもお世話になってしまった。集まってくれたみんな、そして兄さん、今回もありがとう!
posted by フジヨピ at 23:24| 鹿児島 ☀| Comment(2) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

屋久島茶道部発足!?

先日突然「お茶会をやろう!」という話になり、友人のIちゃん・Mっちと3人で「野点(のだて)」をすることにした。場所はガイドのIちゃんお勧めの「西部の森」の川原。

朝6時半にMっちがお迎えに来てくれ、宮之浦でIちゃんをピックアップし、「西部林道」へと向かった。沢の近くは寒いだろうということで、お腹と背中に「ホカロン」を張り、ブクブクに着まくって出発したにも関わらず、当日はポカポカと暖かく、森を歩いている間に汗ばんでくる程だった。




巨大ガジュマルの下で.JPG
森の中に突如現れた「巨大ガジュマル」の下で「立ち木のポーズ」。
今まで見た中で一番美しかった!
でも別名は「絞め殺しの木」なんだよな〜。




壮美のポーズをする愛ちゃん.JPG
Iちゃんはガジュマルの下で「壮美のポーズ」!
ヒュー!カッコイイ〜!




松脂を取った痕.JPG
森の中に倒れていた松。
このキズは「松脂」を摂った痕だそう。





林道から緩やかな下りを、Iちゃんの話(ガイド)を聞きながら歩くのはとっても楽しい時間だった。開けた明るい印象のこの森は、昔集落のあったところだそう。歩いていると所々そんな跡が伺えた。屋久島で「森」といえばついつい「もののけの森」を想像してしまうけど、こんないい場所もあったんだ〜ってカンジ。大して歩かないのに色んな動植物を見ることができるし、またひとつ「お気に入りの場所」ができた。





岩からの眺め.JPG
ちょっと寄り道して大きな岩に登ると海の向こうにくっきりと「口永良部島」、うっすらと「トカラ列島」も見えた。




お茶をたてるむらまっち.JPG
お茶を点てるMっち。




お茶菓子.JPG
「お茶菓子」はクッキーとポンカン(笑)。
屋久島ですから・・・



できたできた!.JPG
なかなかいいカンジに点てられました!
黒い天目茶碗にお茶の緑が映える。




これが屋久島流.JPG
この座り方が「屋久島裏千家」の作法!
でもちゃ〜んとMっちが持参してくれた「一期一会」の短冊が・・・
押さえる所は押さえます!





そうそう、この茶道部。「屋久島の沢を片っ端から攻めようか?!」なんて話もある。地域による味の差が果たしてあるのか?!あったかくなったらもっと活発に活動して行きたい。部長はMっち(たぶん)。部員のIちゃんは「茶の湯の文化」を伝えるために(笑)もうすぐNZに旅立ちます。新入部員大歓迎ですので「屋久島裏千家」を広めて行こうではありませんか!!!

今回の「初野点」。アウトドア感たっぷりで、屋久島らしくて「いい時間」だった。お2人さん、リュックを持っていかなかったたわけたアタシの荷物を持ってくれてありがとう!Mっち、運転お疲れ様でした〜。

それにしてもお茶を点てるのって結構大変なのね〜、というのが初体験の感想。でもなんかいい時間=「LOHAS」なカンジでした。次は自分で「お茶菓子」を作ったり、「茶杓」や「抹茶茶碗」も作ってみたいなぁ。そんな「道具」から「手作り」するのも楽しいかも知れない。

 
posted by フジヨピ at 12:46| 鹿児島 ☁| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

帰省の旅C(12/30)

今日も早起きして「朝ヨーガ」。そのまま頼まれていた「窓ふき」をした。久々に帰ってきたって言ったって、我が家は容赦ない。使われる(笑)。何もせずに居候をして、毎日出かけるのはアタシも心苦しいから、出来るときに出来ることを・・・ってな訳で早朝から拭きまくった。いつもはダラダラ寝ていて怒られるのに、今回は早すぎて「お願いだからやるなら8時以降にしてよ」と言われてしまった(笑)。



初霜
2階のベランダから庭を見下ろすと霜が降りていた。
こっちはやっぱ寒いんだなぁ。。。




東京に滞在してまだ4日目だけど、改めて「東京にいるとよく歩くなぁ」と思う。家から駅まで・駅での乗り換えなど、自分の足で歩かざるをえないところが沢山ある。もともと歩くのは好きで、東京に住んでた時もよく歩いてた。久々に「歩きの感覚」が戻ってきて、億劫どころかそれが楽しくて新鮮だ。すっかり「島生活」に慣れちゃったけど、「満員電車」も「街の人混み」も特に気にならず、嫌だとも思わずに当たり前のものとして受け止められた。我ながら順応能力は高いと思う。



深い!
「永田町」はとにかく深い!
「この駅には核シェルターがあるからこんなに深いんだ」っていう話もあったっけ。
あながちウソでもなさそうな・・・



深い永田町!
エスカレーター横にある細い階段。
乗り換えでよく使ったこの駅。
毎回よく登りました。勿論今回も!!!
一度の電車でこの階段を利用するのはせいぜい5〜6人。
トレーニングか修行か・・・



96段
なんと96段!後半がキツイんだよね。
ラストだけ一段ずつナンバーが振ってある。



駅でも街でも歩くのは楽しい。新しいモノ・古いモノ・綺麗なモノ・汚いモノ・オシャレな人・変な格好の人・・・色んな発見がある。特に変化の激しい東京ではちょっと行かないだけで、街の景色がどんどん変わっていく。昔から変わらずにあるものもいいし、めまぐるしく変化していく様を見るのも楽しかったりする。

自分が何かアクションを起こさなくても色んな情報が入ってくる場所が東京という気がする。でも溢れる情報の中には、不要なもの・知りたくないものも沢山あるから、それを上手く消化したり交わしたりしないときっとストレスが溜まるんだろうけどね。今は自分が積極的にアクションを起こさないと入ってくるものが少ない。それだけに予めフォーカスが絞られる。どちらがいいのか・・・どちらとも言い難いケド、東京を離れてみると「東京って贅沢だよな〜」と思う。屋久島の不便な生活もいいけど、東京はやっぱ楽しくて刺激的=好きだなぁと思った。
posted by フジヨピ at 00:48| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

帰省の旅B(12/28)

「銀座」は小さい頃からよくM叔母に連れて行ってもらった慣れ親しんだ街だ。昔はもっと落ち着いた「大人の街」だったと思う。今はやたらとブランドショップが並び、その一方で「マツキヨ」「紳士服の青山」「ユニクロ」なども進出。他の街と変わらなくなってきてしまった気がする。ちょっと残念。でも銀座はやっぱり好き。



4丁目の時計台
4丁目の時計台は変わらない存在感。
久々に見てやっぱカッコイイなぁと思った。



大野屋
必ず立ち寄る歌舞伎座前の「大野屋」。
手ぬぐいの種類が豊富でしかも安い!



月光荘
大好きなノートなどが売ってる老舗の画材屋さん「月光荘」。
地下はギャラリーとカフェ。
そこで手紙を書いて出すことができるという粋な計らい。
ラッパのマークがかわいい。



その他文房具の「伊藤屋」や輸入菓子が豊富な「明治屋」、大好きなぽち袋が売ってる「鳩居堂」などなどメジャーなところだけ行くのでも結構時間がかかる、充実の街。昔からのお店、どうかなくなりませんように・・・
posted by フジヨピ at 11:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

帰省の旅A(12/28)

久々に実家で朝を迎えた。実家の来たときはいつもダラダラと寝ていることが多かったアタシだけど、今日はいつもと同じ時間に目が覚めた。パジャマのまま隣の部屋のベランダに出る。朝の冷えた空気が気持ちいい。程よく気持ちが引き締まってシャキッとする。吐く息が白いのがなんだか新鮮。何だかんだ言って屋久島は暖かかったなぁ、相棒も今頃「朝ヨーガ」してるかなぁ、なんて思いながら、まずは太陽の方向に手を合わす。そしていつもよりちょっと長めのアーサナをした。

下に降りると早起きの叔母はもう起きていて、一緒に軽くお茶を飲む。それからアタシは朝食の準備ができるまでの間、予め送っておいた「金柑」を煮た。てっきりアタシが帰省する頃には「甘露煮」ができているかと思いきや、そんなヒマはなかったらしく、帰って早々、しかも早朝から煮る羽目になった。でもまぁ、これから3週間お世話になるんだから、できることはしなきゃね〜なんて思いながら、2キロの金柑を煮た。ふぅ。


金柑ジャム_small.jpg
posted by フジヨピ at 14:30| 鹿児島 ☀| Comment(2) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

帰省の旅@つづき(12/27)

夕方暗くなり始めた頃、HNDに着いた。丁度ラッシュの時刻。そんな中、重い荷物を持って乗り換えをするのは面倒だったからリムジンで池袋まで出ることにした。年末だからか道路が混んでいて、普段の倍はかかるという。そんなことで乗客は少ない。少し迷ったけどやっぱりリムジンでゆったりと帰ることを選択した。ちょっと高いけど、空港から、若しくは空港まで・・・この「リムジン」に乗るのが結構好きだ。「空いてる率」が高いから大体隣に人がいない。このリムジンに乗っている間、バスの窓から東京の街を眺めて自分なりに「日常から非日常へ」「非日常から日常へ」の「リセット」をしているのかも知れないな。



富士山.JPG
久々に見る「富士山」は「帰ってきたこと」を実感させてくれる。



東京夜景.JPG
高速沿いの「競馬場」。
自然の景色も好きだけど東京ならではの「夜景」も悪くない。



東京タワーや高層ビル群など、懐かしい景色を見ながら何となく落ち着いていくような、不思議な気分になる。こんなことでもないとじっくりと見ることのない景色。飽きもせず東京を眺めていたら池袋に着いた。なんとHNDから2時間半かかっていた。ここから更に西へ行ったところがアタシの実家=今回の滞在場所だ。これから「東京生活」が始まる。段々テンションが上がってきた。
posted by フジヨピ at 20:06| 鹿児島 ☀| Comment(2) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

帰省の旅@(12/27)

年末の27日、相棒より一足先に屋久島を出て東京の実家へ帰省した。早朝の「トッピー(高速船みたいなヤツ)」に乗るべく、朝食持参で相棒と共に宮之浦港に向かう。空はまだ暗い。出航までの少しの時間を利用して、港で相棒との「朝ヨーガ納め」をしてトッピーに乗り込んだ。

東京に帰るというのになぜだかテンションが上がらないけれど、そんな気分を払拭させてくれるかのように海から朝日が上がった。暫し相棒と屋久島に別れを告げる。



宮之浦からの朝日.JPG
ガラス越しに撮ったらこんな不思議な反射をおこした。
海から昇る朝日はなんだかパワーをくれる気がする。



種子島を経由して、約2時間半で鹿児島に到着。港では「桜島」が相変わらずの存在感で迎えてくれた。



桜島.JPG
桜島は近くで見るとホントに圧倒される。
アタシにとっては「男性的」なイメージ。噴煙のせいかな?



東京行きの飛行機の時間まではカナリあったから、バスで「アミュプラザ」という「西鹿児島駅」に隣接しているショッピングセンターみたいなところへ行く。久々の都会にちょっと興奮!屋久島にいるときは「どっぷり屋久島」で、不便なこともオシャレなものがないことも、大して気にならないケド、久々に都会にでるとテンションが上がるみたい。さっきまでの冴えない気持ちはどこへやら・・・。今までの「反動」か、カナリ思い切りよく「買い物」をしてしまったアタシ(勿論相棒の分も!)。蘇ってくる「物欲」!!!ウォ〜買い物って楽しい!!!だってここ何ヶ月も「スーパー」と「無人市」しかいってないもんね〜。

そんなこんなであっという間に時間は過ぎ、余裕をもって空港へ。手続きを済ませてカナリ時間があったから、ウワサの「足湯」へ行ってみることにした。すでに10人くらいが「足湯」で寛いでいる中、アタシも靴下を脱ぎGパンをたくし上げてお湯に足をつけてみる。ちょうどいい暖かさ。極楽極楽!たっぷり30分位つかった足はじんわりと芯から温まって、ホントに足が軽くなったことを実感。空港に足湯はいいかも知れない。



足湯.JPG
鹿児島空港の入り口付近にある足湯。オススメです!



足湯のお陰で足取りも軽く、東京行きの飛行機へ・・・東京に着く頃は夕方だ。(つづく)



posted by フジヨピ at 17:09| 鹿児島 ☀| Comment(2) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

20泊21日旅のなかで・・・

今、東京での予定表を見直していた。20泊21日のステイ。毎日持ち歩いていた手書きの予定表は、ヨーガスタジオ通いと人と会う約束などで埋め尽くされ、旅の日記帳のようにぼろぼろだ。

今回は西東京の実家にステイ。いつもは3日ともたないんだけど、今回は(勿論ケンカもしたし、相変わらず理解不能なこともあったけど)いままでになくいい感じの日々だった。結婚して30もとうに過ぎた娘に対して、相変わらずああだこうだとうるさかったケド、それを差し引いても「感謝」が沢山残った21日だった。そしてアタシも相変わらず悪タレを叩きつつも、家族に対してちょっと優しくなれた日々。今更ちょっと成長した?!って、これはヨーガのお陰かなぁと思ったりする今日この頃。(特に宗教的な意味はありませんので・・・念のため)。

「東京ライフ」については、写真の整理がつき次第アップ予定だけど、とりあえず何回「ヨーガ」に行ったか、数えてみた。

・12/28(木) 綿本ヨーガ(パワーヨーガ初級) (RIE先生)
・12/30(土) ヨガジャヤ(ハタヨーガ@)   (パトリック先生)
・01/04(木) ヨガジャヤ(ハタヨーガA)   (パトリック先生)
・01/05(金) 綿本ヨーガ(ラージャヨーガ)  (吉岡先生)
・01/07(日) ロータス8(アシュタンガヨーガ)(ゴビンタ・カイ先生)
・01/10(水) 友永ヨーガ(シバナンダヨーガ) (友永乾史先生)
・01/14(日) ロータス8(アシュタンガヨーガ)(吉川めい先生)
・01/15(月) 友永ヨーガ(シバナンダヨーガ) (友永淳子先生)

もっと行ったような気がしてたけど8回でしたか・・・。でもカナリ「濃い」ヨーガ体験で満足。今回のステイで確かにカナリのお金が飛んでいったケド、そうそう体験ができない環境にいる今、思い切って貯金をはたいて行ってよかった。そして何より1週間以上ステイを延ばすことを勧めてくれ、快く行っていいよと言ってくれた相棒・協力して下さった相棒のおばぁちゃんとお母さん・なんだかんだ言いつつも寝床と3食を提供してくれた実家の家族に感謝!みなさんありがとうございました。この体験を自分だけのものにしないで、何らかのカタチで還元しなきゃなぁ・・・と思っています。
posted by フジヨピ at 13:10| 鹿児島 ☁| Comment(2) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

遙か彼方へ・・・

一昨日「風呂焚き」をしていると、タロちゃんとU氏がやってきて「もうすぐロケット打ち上げだよ!行かない?」と誘いに来てくれた。行きたい気持ちは山々だったけど、その日は「yoga」でその準備がカナリぎりぎりだったから、残念ながらお断りした。

「風呂焚き」を終えてウチで準備をしていると「ゴォ〜」という「地鳴り」のような音が。。。あわててカメラを持って外に出る。どこどこ?!見上げた空には「飛行機雲」ならぬ「ロケット雲」だけが残っていた。


ロケット打ち上げの空_small.jpg
初めて見る「ロケット雲」。
なんだか「龍」みたい。「千と千尋の〜」を思い出した。
posted by フジヨピ at 13:28| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MARUYAKI 最終章

雨が降りしきる中、Sやん宅に居候中のKちゃんのサポートのもと、おもむろに「羽根」をむしり始めるSやん。ビリっビリっと小気味のいい(?)音が聞こえる。熱湯につけるとむしりやすいとのことだったけど、そのままでもけっこう取れる。何事も体験体験!アタシも、Iちゃん・Kちゃんもむしってみる。なるほどなるほど・・・。



むしりますます_small.jpg
手際よく羽根をむしっていくSやん。
見る見る間に一体がフサフサの羽根だらけになった。



むしりの仕上げ_small.jpg
熱湯につけたら更に羽根がむしりやすくなって・・・
あっという間に「ハダカ」に。。。



あぶりますます_small.jpg
更にキレイなお肌にするために、火で残りの毛を焼く。
へ〜。今日は感心することばっかり!
相棒は「火起こし」&「焼き」係。



丸焼き機があんまり大きくないから、今回は頭・もも・手羽を取って別々に焼くことにした。「それじゃぁ丸焼きじゃないじゃん!」なんてイヂワルなことは言わないで下さい(笑)。

そして、オシリから内臓を取り出して(勿論食べられるところは全部頂きました!)それぞれの部位をカット。お腹も空いてきたので、まずは「手羽」と「もも」をそれぞれオーブンと丸焼き機で焼く。味付けはシンプルに塩・コショウのみ!



手羽ですです_small.jpg
お店で見てる手羽と一緒だ!!!って当たり前だけど、自分たちで捌いてみると「なりたち」がよ〜くわかる。あそこね〜。


もも肉ですです_small.jpg
コレが「もも」。第一声「カタイ!」と一同。ホントカナリ硬かったっす!でも噛めば噛むほど「味」が出てきて美味しかった。塩・コショウをすり込んだだけだったから、肉本来の味がよ〜く分かった。そしていい感じに「煙」がまわったようで、微妙な「スモーク感」がアクセントに・・・



食う!_small.jpg
コレを見ればどれだけ硬かったか分かる?!でも美味美味!
っていうか、きっとアタシたちが「硬いもの」を食べなくなってるから硬い・硬い言うのかも。もっと硬いものを食べてた昔は「30回噛みなさい!」なんて言わなくても「噛まざるを得なかった」んだろうな〜。う〜ん、退化しているアタシたち。




途中でつまんだ「砂肝」の刺身、ラストに焼いた「心臓」「レバー」、そして「白子」のような「精巣」もすべて美味だった。

そしていよいよ「メイン」の登場!予め作っておいた「詰め物」=オリーブオイルで米を炒め、ベーコンや野菜を入れ、スープで煮込んでタイム・ローズマリーなどで香り付けしたもの=を「オシリ」から詰め込んで行った。



詰めます詰めます_small.jpg
お腹の中にガンガン詰めていく。
う〜ん、ハーブのいい香り!!!美味しくなりそうな予感。



そして蒸し器で充分蒸して火を通したものを「丸焼き機」にセット!!!夢の「丸焼き」始まり始まり〜☆



丸焼き!ですです!_small.jpg
土間にセットした、「ガスボンベ丸焼き機」でついに丸焼きだ〜!!!
底で火を焚き、二段目に石を敷き、その上に肉をセット。
それにしてもよく作ったなぁ。。。感心!
肉の中心で棒が滑ってグルグル回すことは出来なかったけど満足満足!



出来た!!!_small.jpg
ついに完成!30p四方のお皿に丸々とした鶏肉がっ!!!



切り分け_small.jpg
「切り係」はなぜかいつもU氏。
いつになく真剣な顔で切り分けてくれる。


参加したメンバー6人で食す。やはり硬い!でもウマイ!中に入れたものも、テキトーに作った割にはカナリ美味しくて大満足!いやいや食べるまでは長かったケド、それだけに味わい深かった。旅&屋久島生活が長いSやん以外は「ド素人」の面々。カナリ濃い時間・体験だった。きっと3〜40年前は、どこの家庭でも普通にやっていたことなんだよな〜。

「出されたものは残さず食べる」がアタシのモットーだけど、やっぱり買ったものは粗末にしがち。でもこういうことをしたりすると「粗末にできないな〜」と改めて思う。自分たちのお腹を満たすために、ひとつの命をもらってる訳だからちゃんと食べてあげないと「バチ」が当たるような、そんな気分になるから不思議だ。肉も内臓も、みんなでキレイに頂いたから、きっとあの鶏も成仏出来たハズ。いやいや濃い1日でした。みんなお疲れさま〜。そして今度はなんの「丸焼き」をしますか?
posted by フジヨピ at 12:12| 鹿児島 ☀| Comment(2) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

MARUYAKI 第一章

昨日は念願だった「鶏の丸焼き」の日。相棒が忙しかったこともあって、十分な準備とみんなへのお知らせが出来なかったにも関わらず、急遽6人が集まり「丸焼き」を実施することになった。まずは午前中、近所のF山さんに鶏を貰いに行った。F山さんの家には20羽ほどの鶏がいて、前からその1羽をくれるという話がついていた。



トリを貰う_small.jpg
「コイツはまだ小さいからあと一週間位飼って太らせた方がいいなぁ、とF山さん。
う〜ん、でも1週間も飼ったら「愛着」が湧いて食べられなくなっちゃうかも・・・


コッコ_small.jpg
とりあえず「コッコ」と名付けた。貰ってきて焼くまで、ウチの畑のトンネルの中に話して最後の晩餐。彼は2時間後の運命がわかっているのか・・・?!



丸焼き機_small.jpg
相棒が作った「丸焼き機」。最終仕上げとしてサイドに穴を開けて、ストーブの煙突を合体させた。試しに火を入れたらちゃ〜んと煙突から煙が出た。よしよし!うまくいきそうじゃない!?



そうこうしてるウチに友人のU氏・Sやん・Iちゃんがやってくる。「丸焼き機」が完成するまでの間、薪を切って貰ったり、みんなで協力して準備。ちょっとづつテンションが上がってくる。

そしてついに捌きますか・・・ってトコで「この鶏、まだ小さいからウチのとトレードしよか?」とSやん。そのお言葉に甘えることにして、急遽みんなで、Sやん宅に雄鶏を捕獲しにいくことにした。ちょっと手こずったものの、無事捕獲。確かにカナリ立派で、これなら6人のお腹を満たしてくれそう?!って感じのサイズ。



トレード成立_small.jpg
トレード成立!F山さんトコの鶏はホントにギリギリのところで命拾いした。



睨み合い?!_small.jpg
睨み合い?!一方は命拾いし、もう一方は突然の宣告!
人生も鶏生もいつどうなるか分からない!
だから今日をめいいっぱい行きよ!!!と教えてくれたSやんの鶏。
ちなみに彼は一昨日、子孫を残す努力をしていたとのこと。
この日を予感していたのかも知れない。



そしてついに「そのとき」がやってきた。



びわの木に吊して・・・_small.jpg




まずは足にロープを括り付け、畑の木の枝に吊す。これから先の行程、相棒は以前にマサと共に経験済み。「次にやるときはアタシにやらせてほしい」と宣言してたから、Sやんのご指導のもと、アタマを押さえてて貰ってのどをカット。包丁があんまり切れなかったのと、初めて故の思い切りの悪さで中途半端に切れてしまう。ゴメン!結局見かねたSやんがトドメを刺してくれた。にも関わらず鶏はバタバタと3回程暴れ、やがて動かなくなった。

小雨が降る中での作業。だいぶ冷えたので「血抜き」が出来るまでの間、ちょっと休憩した。う〜ん、案外あっけない。その後は沸騰させたお湯に鶏をつけ、羽をむしる。さすがSやん、何度となくやっているだけに慣れてる!あぁ、Sやんが居てくれてよかった!今回はちゃんと調べる時間もなかったから、アタシたちだけじゃあんなに手際よく出来なかったよ。感謝!そしてとても勉強になりました。   〜つづく〜





posted by フジヨピ at 02:37| 鹿児島 ☔| Comment(8) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

火入れ式

先々週、楽しみにしていたものが届いた。それはなんと「薪ストーブ」!屋久島に来て、まさか自分の家で「薪ストーブ」を使うことになるとは思ってもみなかったケド、我が家のような「スキマ」の多い家にはもってこいみたい。

アタシは高・短大と、ちょっと変わった学校に通ってて、東京だというのに教室で「石炭ストーブ」を使ってたから(ちなみに30年とか40年とか前ではありません、Tちゃん!!!誤解なきよう!)ちょっと懐かしかったケド、相棒はきっと珍しさとその趣に惹かれたんだと思う。先日友人Mっぺ宅で「薪ストーブ」を見てカナリ気に入って、ネットでチェック。速攻購入した。薪の入手や焚く手間はあるけど、やっぱりこういうものも「田舎暮らし」ならではのものだから、なんか楽しい。


火入れ式_small.jpg
点火!



燃えてる!_small.jpg
燃えてる燃えてる!



そして先週はまず「火入れ式」を行った。まだ家の方の受け入れもできてなかったから、とりあえず外に出して焚いてみた。相棒が「儀式だから、やっぱお酒なかぁ」と言って、たまたまあった屋久島の焼酎「三岳」をストーブの上で熱燗。それを用意したら「なんかつまみも欲しいよね」なんてことになって、魚の干物みたいなのとお餅も焼くことになった。なんだか楽しくなってきたぞ!



お酒とお餅で乾杯!_small.jpg
こんなカンジでストーブにセット。
ストーブの上で何かが焼けるっていうのが意味もなく嬉しい。



そんなこんなで寒い中、ストーブにかじりつきつつお酒を飲み、つまみを食べた先週日曜の午後。それから一週間経った今日、設置場所も「土間」に決定。相棒がドアに穴を開け、煙突を外へ出してセットした。



設置!_small.jpg





ホントは部屋の中に設置したかったんだけど、色んなことを考えて断念。土間になった。土間の端っこだからあんまり暖かくはない気が・・・でもコレがあるだけでなんだか楽しいからいいのだ!!!なにはともあれ、この家が燃えませんように〜(祈)。。。






posted by フジヨピ at 23:46| 鹿児島 | Comment(2) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

なんちゃってモデル

昨日は友人のアロマセラピスト=Nさんからの依頼でなんと「モデル」をやってきました!ふふっ(照)。

先週Nさんから「来週セラピスト仲間が来るんだけど、その時にもしかしたらストーン(ストーンマッサージ)のHPに載せる写真のモデルをお願いするかも・・・」と言われていて、「いいですよ〜」なんて軽くOKしたアタシ。でも今日蓋を開けてみると、結構本格的だったので「げっ、アタシでいいわけ?!」って。。。でも顔は殆ど写らないし、まぁストーンが主役だからいいかっ・・・ってことで(って、アタシのセリフじゃぁないか・・・)自己完結。

撮影はセラピスト(でいいのかな?)でもあるHさん。「キャノンの一眼」を使いこなし、カナリこだわっての撮影。やっぱりこういう「特殊」な撮影は、下手にプロに頼むよりも「そのものを知ってる人」の方がいいんだよね〜。

撮ることには慣れてるケド、撮られることに慣れてないアタシ。前半のN邸での撮影はちょっと緊張(露出多かったしね〜(笑))?!でも後半は、Nさんもアタシも大好きな「パワースポット」での「外撮影」。ヨーガポーズを取り入れて貰ったりしての撮影だったから、気持ちがよかったし楽しかった。う〜ん、どんな風に仕上がるのか・・・ちょっと楽しみです。



ラストーンの石たち_small.jpg
「ラストーンマッサージ」に使う石たち。


足タレ?_small.jpg
「足タレ」もやりました(笑)。



Tさん・Hさん・Nさん、今日は貴重な経験をさせて頂きまして有難うございました!そしてお疲れ様でした!Tさん・HさんのHPとブログは下記の通り。アロマやストーンに興味のある方、必見です!



Tさんの「花&アロマセラピー教室」=「Essence M 」
http://blog.livedoor.jp/essencem2000/


Hさんの「アロマのスクール」=「アルテ アロマティカ」
http://artearomatica.com/  
http://blog.artearomatica.com/(ブログ)

posted by フジヨピ at 01:01| 鹿児島 ☁| Comment(2) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

しいたけ狩り初体験!

一昨日、来島していたOさんのお見送りをした帰り道、久々にMっぺ・Hちゃんカップルのオウチに顔を出した。ちょっと顔を見て帰るつもりがついつい長居。又も「自家作物」を色々と頂いてしまった。彼らはホント「屋久島らしい生活」をしていて、いつもいいなぁ〜と思う。

今回はMっぺが育てている「しいたけ」を収穫させて貰った。「雨上がりだから結構出てると思うよ〜」と言いながらみんなで裏手に行くと、あったあった!いい感じのがニョキニョキ。お言葉に甘えて根こそぎ頂いちゃいました。しいたけってこんな感じに引っ付いてるのね〜。他の作物とは又違った「収穫の感覚」を味わったのでした。



シイタケ狩り_small.jpg
肉厚で傘もちゃんと閉じてて新鮮!
ショートパスタと一緒に頂きました。



まめ_small.jpg
帰りがけに貰った小豆のような豆。



まめごはん_small.jpg
こちらも早速ゴハンと一緒に炊きました。
赤い豆が入るだけでなんだか縁起がよくなるカンジ。



しいたけもお豆さんも、その日のうちに美味しく頂きました。ありがと〜。Mっぺ・Hちゃん宅に行くたび、「いい刺激」と「いい情報」と「美味しい作物」を貰ってくるアタシたち。「屋久島生活」のいいお手本のような彼ら。これからもよろしくおねがいしま〜す。

posted by フジヨピ at 09:21| 鹿児島 ☁| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

屋久島一周100キロの旅

先週の木曜日、相棒の知人であるOさんが屋久島にやってきた。Oさんは相棒が去年まで勤務していた設計会社でオウチを建てた方。相棒が担当だったことから親しくなったらしい。今回「鹿児島出張」に絡めて「種子島」→「屋久島」と足を伸ばしてくれた。

折角なのでお昼を食べた後、車で「島一周」することにした。今まで一周したことはあったけど、移住してきてからは初めて。こんなことでもないとなかなかしないからね〜。今日は我が家のある「安房」から南周りで、ゆっくり景色を見ながら走った。と言っても天気がイマイチだったからちょっと残念だったけど、何とか「海に沈む夕陽」も見られたから「よし」としましょう。



西部のサルたち_small.jpg
「西部林道」のサルたち。出産の季節なのか、みんな「小猿」を抱きながら「毛繕い」をしてた。なんだかみんなマイペースというか、好き勝手過ごしてるカンジが笑えた。
posted by フジヨピ at 12:42| 鹿児島 ☔| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

それにしてもブッサイクだなぁ。。。

一昨日は島の南方面に用事が集中。というか畳を貰いに行く用事と、薪のお礼に行く用事があったから、その他近辺に住んでいる知人巡りをした。その途中、前にも何度か行ったことのある「豚舎」を通ったので、車を降りて「ヤツ」に会いに行った。いたいた「ヤツ」が!前に初めて見たとき、あまりの不細工さにたまげた「ヤツ」。「ヤツ」は変わらず同じ場所に居て、変わらず「ブッサイク」だった。

ブタってなんだかんだ言っても、結構カワイイ愛嬌のある顔をしてるものだと思うけど、「ヤツ」は違う。申し訳ないけどホントにヒドイ。めちゃめちゃデカイ図体と太々しい感じに加えて、顔が救いようない。「目」は離れて「鼻」がしゃくれてて、とにかくこんな不細工なのがいるのか!って位。(っていい加減失礼だよな、いくらブタでも。。。ごめん。。。)

ビビリながら逃げながら撮ったから(勿論柵の中に居たんだけどね)、イマイチ彼の「不細工さ加減」が伝わらないと思うので、気になる方は行ってみて下さい。湯泊付近の海側です。


ぶっさいく_small.jpg



しゃくれ!_small.jpg



ブタアップ_small.jpg



比較対象がないから分からないと思うケド、ホントにデカイ!そして不細工(しつこいって?!)。でもこのブタだけ「個室」が与えられてるから、それなりの「いい仕事」をしてるんでしょう。それにしてもコワかった〜。
posted by フジヨピ at 00:42| 鹿児島 ☀| Comment(4) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。